TOP > 着物マメ知識 > 黒い振袖が似合う人へ!おすすめのスタイリングを紹介します!

着物マメ知識 COLUMN

黒い振袖が似合う人へ!おすすめのスタイリングを紹介します!

2022/11/03

着物マメ知識
成人式で黒の振袖を着たいという人は多いでしょう。
黒は多くの人に似合い、クールなカッコよさと上品さを兼ね備えた色です。
今回は定番色の特徴と黒の振袖を着る人におすすめのスタイリングを紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
 

振袖の定番色とそれぞれの色の印象について

   

 
 
まずは定番色の8つを紹介していきます。
 
 
1つ目は赤色の振袖です。
赤は8つの中でも特に長く人気のある色です。
振袖といえば赤というイメージを持っている人も多いです。
赤は若々しく、元気で活発な印象を見る人に与えます。
 
 
成人式のような人生の門出のような場面にぴったりの色といえます。
 
 
2つ目は青色の振袖です。
青と言っても種類はさまざまです。
水色や紺色、ターコイズなど同じ青でも印象は変わってきます。
水色は爽やかで柔らかい印象になります。
 
 
紺色は知的で上品さを演出できます。
ターコイズは元気で活発な印象を与えます。
 
 
3つ目はピンクです。
ピンクには初々しさやかわいらしさを見る人に与えられる色です。
このような理由でピンクが好きだという人もいれば、自分には似合わないから苦手という人もいます。
 
 
ピンクは物体そのものの大きさよりも大きく見せるという効果を持った膨張色であるため、着る人を選ぶのは確かです。
 
 
しかし、地色が濃いめのピンクで縦やななめにラインが入っているものは膨張色の特徴を抑えられますし、髪や肌の色によって似合うピンクは違います。
似合わないという理由でピンクを諦めるのは勿体無いです。
 
 
4つ目は黄色、橙色の振袖です。
黄色も橙路も元気で明るい印象を与える色です。
淡い黄色は優しい印象を加え、カラシ色なら落ち着きやレトロ感を加えられます。
橙色の振袖は存在感があり、周りとかぶりたくなかったり、個性を出したかったりという人におすすめです。
 
 
橙色は幼い印象になりやすい色でもあるため注意が必要です。
 
 
5つ目は白色の振袖です。
清楚で透明感を演出できる白は新しい未来を想像させるような色でもあります。
成人式にはぴったりの色と言えるでしょう。
白は柄を引き立てる効果もあるため、色よりも柄を重視したいという人におすすめできる色です。
 
 
また、レフ板効果もあり、顔色をよくしてくれるのもうれしいポイントです!
 
 
6つ目は緑色の振袖です。
緑は清潔感と共に上品さや格調高い雰囲気を持っています。
淡い緑にすればフレッシュで優しい印象を与え、深い緑は落ち着いた上品な印象に、青みがかった緑は爽やかな印象になります。
癒しの効果を持つ緑は、近年人気が高まっている色です。
 
 
7つ目は紫の振袖です。
紫は昔から高貴な色とされていました。
赤みが多くピンクに近いような紫や紺に近い紫などさまざまな紫があります。
華やかさと上品な高級感を演出できる紫は日本人の肌色に合いやすい色です。
 
 
8つ目は茶色や黒の振袖です。
黒は女性を美しく見せる色です。
高級感とクールな印象を併せ持つ黒は、他の色との相性も良く、ゴールドを合わせればゴージャスで華やかな印象を与えられます。
 
 
茶色も黒と同じく高級感と落ち着きを与えてくれますが、黒よりも優しい印象に仕上がります。
 
 

振袖で黒と相性がいい色

   

 
 
1つ目は赤です。
黒と赤の振袖は粋でゴージャスな雰囲気を纏えます。
豪華絢爛なイメージが欲しいという人はこの組み合わせを試してみてください。
 
 
2つ目はピンクです。
黒とピンクを合わせることでクールな大人っぽさの中に可愛さを演出できます。
ピンクは桜などの柄で入れるとよりおしゃれになるでしょう。
 
 
3つ目はシルバーです。
この組み合わせは格式高く、豪華な雰囲気を出したいという人におすすめです。
赤や黄色など他の色も取り入れやすいです。
 
 
4つ目はオレンジです。
華やかかつモダンな雰囲気になる組み合わせです。
紫やゴールドを取り入れることでさらにモダンさが増すでしょう。
 
 

黒い振袖のスタイリング

   

 
 
1つ目は赤い小物を取り入れることです。
前述の通り、黒と赤の組み合わせは粋でゴージャスな雰囲気を演出できます。
帯やリップを深い朱色にすれば華やかさは上がるでしょう。
特に帯周りで赤を使うと、視線が上がるため、引き締め効果が期待できます。
 
 
2つ目は柄と髪飾りを合わせることです。
これをすることで全体的にまとまり、すっきりとした印象になります。
大きな髪飾りを柄と同系色のものにすれば可愛さを上げられます。
 
 
3つ目は柄が全くない無地振袖にすることです。
髪型や小物、帯、メイクに力を入れたいという人におすすめです。
真っ黒の振袖のため、どんなコーディネートも自由自在です。
黒一色の振袖はとても目を引きます。
 
 
髪型や小物、帯、メイクを個性的にしたい、周りと全くかぶらないようなコーディネートをしたいという人は黒単色の振袖を試してみてもいいでしょう。
 
 

まとめ

   

 
 
今回は定番色の特徴と黒の振袖を着る人におすすめのスタイリングを紹介しました。
黒い振袖の魅力が伝われば幸いです。
新潟で振袖レンタルを考えている方は当店にご相談ください。
一覧を見る