tips
着物マメ知識

卒業式で袴を着ようと思っている方は多いですよね!
その中で、「袴に合うメイクとは」、「逆にどんなメイクをしてはいけないの」という疑問が出るでしょう。
そこで今回は、袴を着る際のメイク事情について紹介します!

袴に合うメイクのポイントは?

卒業式は、写真にも残る大事なイベントです。
特別な日のメイクは、可愛くしたいですよね!

そのためのポイントを3つ紹介します。

1つ目は、とにかく落ちない、崩れないメイクにすることです。

卒業式当日は、1日中忙しくなります。
そのため、メイク直しができないかもしれません。
また、袴を着たままメイクをするとなると、袴を汚してしまう可能性も・・・

とにかく落ちないメイクをすることで、1日中快適に過ごせます!
夜までばっちり決まる朝メイクで臨みましょう!

2つ目は、写真写りを意識したメイクにすることです。

卒業式で写真を撮らないことは稀でしょう。
むしろ数えきれないほどの写真を撮る方も多いですよね!
それらを見返したときに、全然良い写真がないな、なんていうのは嫌ですよね。

メイク1つで、写真写りは大きく変わるものです。
目が大きく見えるメイクやくっきり可愛く見えるメイクで、可愛い姿を写真に残しましょう!

3つ目は、自分らしさ満点のメイクにすることです。

思い出に残る卒業式だからこそ、自分らしさは失いたくない・・・
そんな方は、自分自身が満足できる、自分らしいメイクを見つけておきましょう!

袴でのNGメイクとは?

普段着ない袴でのメイクは、難しいですよね。
これは避けたほうが良い、というポイントを2点紹介します!

1つ目は、顔の立体感が強すぎることです。

袴の場合、日本人形のような陰影のない顔立ちのほうが映えます。
フランス人形のような目鼻立ちがくっきりしている顔立ちだと、着物とのバランスが上手にとれない可能性も・・・

部分的にハイライトやシェーディングを使うのは、避けたほうが良いですよ!

2つ目は、色の乱用です。

華やかな袴を着るとなると、メイクにもさまざまな色を使いたくなるでしょう!
しかし袴姿は、そのものが華やかなので、顔のパーツ各々にたくさんの色を使うと、こんがらがった印象になってしまうことも・・・

色味を強調しすぎず、色数も控えることが、袴姿に合うメイクのコツですよ!

まとめ

今回は、袴を着る際のメイク事情について紹介しました。
ぜひこの記事を参考にして、袴姿に合うメイクを研究してみてください。
そして当日は、メイクがばっちり決まった最高の姿で臨みましょう!