tips
着物マメ知識

振袖をお探し中の方なら一度はヴィンテージ振袖という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
とはいえ、その具体的な内容をご存じない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、ヴィンテージ振袖の特徴や振袖をレンタルする際の注意点についてお話しします。
振袖レンタルをお考えの方は、ぜひお役立てください。

□ヴィンテージ振袖とは

ヴィンテージと聞いて皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか。
中には昔使用されていた古いものをイメージされる方もいらっしゃるでしょう。
とはいえ今回ご紹介するヴィンテージ振袖は、今風のスタイルとも馴染みやすいのが魅力です。
それでは早速その特徴をご紹介しましょう。

着物の世界では、江戸から第二次世界大戦までのものがアンティーク着物で、それ以降のものがヴィンテージ、またはリサイクル着物に分類されています。
その特徴としては、柄や色使い、デザインなど、現在ではなかなか見られないレトロな風合いが漂っていることが挙げられます。
また現在の振袖にはない素敵なレトロモダン柄を用いることで、個性的な着こなしやコーディネートが楽しめるでしょう。

ヴィンテージ振袖というと、ノスタルジックで古風なイメージがありますが、最近のものは古風でありつつもおしゃれな雰囲気を演出してくれます。
他の方と振袖がかぶりたくない方や個性を出したい方には、ぜひおすすめしたい振袖の1つです。

□振袖レンタルでの注意点とは

初めて振袖をレンタルするとなると、不安も多く、どのような点に気を付ければよいのか分からなくなることも多いでしょう。
そこで、続いては振袖をレンタルする際の注意点についてお話しします。

振袖をレンタルする際に、一緒に小物のレンタルをお考えの方も多いでしょう。
ただし、その小物がレンタルに含まれていない場合には注意が必要です。
特に肌襦袢や着付けをする際に不可欠な紐や足袋は、別料金の場合もあります。
レンタル内容にこのような小物が入っていなければ、さらに費用がかかってしまうことも考えられるでしょう。

また、レンタルの際に自由に小物が選べないこともあります。
ただその一方で、適当なものが事前に準備されていることもあるため、あらかじめ細かい内容まで確認することをおすすめします。

当社では、一生に一度の成人式には振袖だけでなく帯や小物まで実際に試着しながらトータルコーディネートで選べます。
衣装がフルセットであることに加え、肌着や足袋はプレゼントさせていただいていますので、安心してご依頼ください。

□まとめ

今回は、ヴィンテージ振袖の特徴やレンタルする際の注意点についてお話ししました。
どの振袖にしようかお迷いの方は、ぜひヴィンテージ振袖をご検討されてみてはいかがでしょうか。
当社では、小物まで試着しながらコーディネートが組めます。
振袖のレンタルをお考えの方がいらっしゃれば、ぜひ当社にご相談ください。