tips
着物マメ知識

成人式をはじめとした行事で振袖を着る方は多いかと思いますが、振袖を購入するかレンタルするか迷いますよね。
ご自身に合った選択をするためには、それぞれの選択肢の特徴を知っておくと良いでしょう。
そこで今回は、振袖をレンタルするメリットをご紹介します。

□振袖をレンタルするメリットとは?

ここでは、振袖をレンタルするメリットをご紹介します。

*費用を抑えられる

購入とレンタルの1番の違いが費用だと言えます。
振袖と帯や小物類を一緒に購入する場合、最低でも50万円、高いものであれば100万円ほどかかるでしょう。
反対にレンタルであれば、10万円〜20万円ほどに抑えられます。

*メンテナンスの必要がない

購入した場合、振袖の手入れを定期的にする必要があります。
しかしレンタルの場合は、イベント後にそのまま返却できるため、メンテナンスの必要がありません。
また、振袖には保管場所が必要ですが、理想的な保管場所である桐のタンスは、高価であるのに加え、設置場所が必要です。
その点、レンタルだと保管場所を用意する必要がないため、そのような保管に関する心配はいりません。

*毎回違うものを着られる

レンタルであれば、振袖を着るたびに違うデザインを楽しめます。
反対に、購入すると基本的に毎回同じものを着ることになるでしょう。
振袖を着る機会が多くありそうな方は、どのような場面で着るかを想定してみると、レンタルが良いか、購入した方が良いかが検討しやすいかと思います。

□購入と迷った場合はどうする?

ここまで、振袖をレンタルするメリットをご紹介しましたが、振袖の購入と迷っている場合は、どのような基準で決めれば良いのでしょうか。
購入とレンタルのどちらかを決める際にぜひ参考にしていただきたいのは、「これから振袖を着る機会がどれくらいあるか」です。
成人式だけの方もいれば、卒業式や結婚式でも活用したい方もいらっしゃるでしょう。
成人式でしか着る予定がない方やお手入れに不安を感じている方は、レンタルがおすすめです。
レンタルだと、流行りのデザインや大胆な色柄にも挑戦しやすいため、成人式をはじめとした人生に一度しかないイベントで着る場合にはぴったりでしょう。
決めるのが難しい場合は、ご家族やお店のスタッフの意見を聞いてみることをおすすめします。

□まとめ

今回は、振袖をレンタルするメリットをご紹介しました。
レンタルと購入を迷われている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。
また、どちらにするか迷われている方は、これからどのような場面で振袖を着る機会があるかを基準にすると良いでしょう。
ご不明な点がございましたら、お気軽に遊楽市までお問い合わせください。