tips
着物マメ知識

皆さんは振袖を選ぶ時に、どのような基準で選びますか。
振袖のデザインは多種多様で、選ぶのが難しいですよね。
しかし、めったに着る機会がないものですから、振袖選びで失敗したくないと思うことでしょう。
そこで今回は、レンタルする際に参考にしていただきたい、流行りの振袖をご紹介します。

□流行りの振袖の色とは?

ここでは、流行りの振袖の色を見ていきましょう。
「振袖といえば赤」と考える方も多いかもしれませんが、一口に赤と言っても、さまざまな種類の赤があるのをご存じですか。
特に人気なのは中国由来の唐紅で、女性を美しく見せる色と言われています。
また、1枚の振袖の中に手書きと絞りの両方を含んだ「辻が花」という技法を使った振袖は、晴れの日におすすめの1枚です。
他にも、「松竹梅」と赤を合わせたデザインも人気があります。
カラフルな振袖の人気が高い一方で、落ち着いた色の人気も高まっているでしょう。
「晴れの日には地味すぎるのでは」
このような意見もあるかもしれませんが、落ち着いた色の中にも、裏地に原色が使われている個性的なデザインもあります。
黒の振袖は、他の色と比べて大人な印象を与えるでしょう。
金と白のシンプル絵柄は、赤の小物との相性が良い特徴があります。
また、絵柄の配置が縦長だと、着痩せ効果があると言われています。
その他にも、白の振袖は清楚なイメージを与えられ、隠れた人気を誇っています。
白の振袖は、絵柄のデザインによって、古典的になったり、ガーリーになったりするでしょう。
そして、絵柄ですが、最近はレトロな振り袖が人気な傾向があります。
レトロモダンなデザインを選ぶと、他の人とは違う個性を表現できます。
気になるレトロ振袖があれば、ぜひ試してみてください。

□振袖選びのポイントとは?

振袖を選ぶ際は、ご自身にあった1枚を選びたいですよね。
ここからは、振袖選びのポイントを2つご紹介します。
1つ目は、ご自身に似合う色を基準にして選ぶことです。
普段から、よく身に付けている色がある方は、その色が使われている振袖を選んでみると良いでしょう。
2つ目は、気になる振袖を試着することです。
お店のホームページやカタログを見て、気になるデザインを見つけたら、できるだけ多く試着することをおすすめします。
1つ目のポイントでは、「普段よく着ている色を基準にする」とお話ししましたが、普段着ていない色でも意外に似合うことがあるかもしれません。
そのため、見るだけでなく、実際に着てみることが大変重要です。

□まとめ

今回は、流行の振袖についてご紹介しました。
人気の色の中でも、絵柄によってイメージが大きく変わるため、試着して1番気に入ったものを選んでみてください。
何か不明点がある方は、お気軽に遊楽市までお問い合わせください。