tips
着物マメ知識

成人式をお控えの方の中には、当日の流れについて不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。
当日は、式が始まる時間や会場までの距離・時間を把握した上で、計画的に動くことが重要です。
そこで今回は、振袖をレンタルする際の成人式当日の流れや注意点をご紹介します。

□成人式当日の流れとは?

まず、成人式の前日までに着付け会場に着ていく洋服や持ち物を確認しておきましょう。
当日は、朝早くから活動するため、前日までに用意しておくことで、当日に焦らずに済みます。
当日は、ヘアメイクと着付けから始まります。
他の予約者もおり、混雑することが予想されるため、予約時間に遅れないように余裕を持って行動しましょう。
また、ヘアメイク担当者がアレンジしやすいように、家でヘアスタイリング剤は付けず、着付けがしやすい前開きの洋服を着ることをおすすめします。
ヘアメイクと着付けをした後は、会場に移動します。
公共交通機関での移動を検討中の方もいらっしゃるかもしれませんが、特に混雑している場合は、あまりおすすめできません。
振袖ができるだけ着崩れしないように、自家用車やタクシーでの移動を検討すると良いでしょう。
式典で座る時は、袖を膝の上に重ねるときれいに見えます。
式典後に、食事会がある場合は振袖を汚さないように気をつけましょう。
また、レンタルの振袖を返却する際の手順は、あらかじめ確認しておくと安心です。

□成人式当日の注意点とは?

ここからは、成人式当日の注意点を3つご紹介します。

*時間に余裕を持って行動する

成人式当日は、式典や食事会の時間があらかじめ決まっているかと思います。
その時間を参考にしながら、着付けや移動の時間を検討していくと良いでしょう。
また、振袖を着ていると、普段のように素早く行動するのが難しいかもしれません。
このことも考慮して余裕を持って行動することが大切です。

*前開きの洋服を着ていく

先ほど、前開きの洋服を来ていくと良いとお話ししましたが、その理由はヘアメイクの後に着付けをするからです。
完成したヘアセットとメイクが崩れないように気をつけながら、洋服を脱ぐ必要があります。
そのため、首元に頭を通して着るタイプの洋服ではなく、前開きの洋服をおすすめします。

*ノーメイクかベースメイクが好ましい

当日は、成人式用のメイクをしてもらいます。
プランによっても異なりますが、レンタルプランがポイントメイクにだけ対応している場合は、ご自宅でベースメイクをして着付け会場に行きましょう。
フルメイクしてもらう場合は、ノーメイクで着付け会場に向かいます。

□まとめ

今回は、成人式当日の流れをご紹介しました。
当日の流れを知っておくと、余裕のあるプランを立てられます。
また、本記事でご紹介した注意点を参考にして、一生に一度の成人式を後悔のないものにしましょう。
振袖のレンタルでお悩みの方は、お気軽に遊楽市までご相談ください。