tips
着物マメ知識

皆さんは、どのように振袖を選ぶ予定ですか。
多くの方は、まず振袖の色を決めて、その後絵柄を選ぶかと思いますが、どの色がご自身に似合うのか迷いますよね。
そこで今回は、振袖をレンタルする際の色の選び方をご紹介します。

パーソナルカラーで選ぶ!

皆さんはパーソナルカラーをご存じですか。
パーソナルカラーは、肌や爪、髪の色から分けられた、「スプリングタイプ」、「サマータイプ」、「オータムタイプ」、「ウィンタータイプ」の4つのタイプそれぞれに合う色を指します。
例えば、スプリングタイプの方は、明るい茶色の瞳や少し黄色がかったブラウンの地毛、コーラルピンクが似合う唇を持つと言われています。
また、サマータイプの方は、やわらかい黒、もしくは赤みがある暗いブラウンの瞳やソフトな黒い地毛、パステルピンクが似合う唇を持つでしょう。
オータムタイプは、緑を感じる黒、もしくは深みのある暗いブラウンの瞳や真っ黒の地毛、オレンジ系統が似合う唇を持つ方を指します。
最後に、ウィンタータイプには、黒、もしくは青味がある暗めのブラウンの瞳や深いダークブラウンの地毛、ローズピンクが似合う唇を持つ方が当てはまります。
では、それぞれのタイプにどの色が似合うか見ていきましょう。
スプリングタイプの方には、明るく鮮やかな色が似合います。
イエローベースの肌を持つ方が多いため、ピンクの中でもサーモンピンクやコーラルピンクを選ぶと良いでしょう。
ブルーベースの肌を持つサマータイプの方には、青のパステルカラーやくすみのある淡色がおすすめです。
また、ピンクや紫に似合う色が多いため、迷った場合は青みがかったピンクやラベンダー色を検討してみましょう。
オータムタイプに当てはまった方は、イエローベースですが、スプリングタイプの方よりも重厚感のある濃い色が似合うため、ブラウンやオリーブ、モスグリーンがおすすめです。
また、最近の傾向として、レトロやレトロモダンと呼ばれる柄がとても人気です。
ブラウン、モスグリーンなどの色味を使ったレトロ柄は、オータムタイプの方にはよく似合います。
ウィンタータイプの方は、4つのタイプの中で唯一黒が似合います。
パステルカラーをはじめとした、曖昧な色はあまり似合わないため、はっきりとした色を選ぶようにしましょう。

体型によって似合う色や柄がある?

ここまで、パーソナルカラーに合わせた選び方をご紹介しましたが、ここからは体型にあった色や絵柄をご紹介します。

背が低いか高いかで選ぶ

背が低い方には、可愛らしい明るい色や小さめの柄がおすすめです。
また背が高い方は、寂しい印象を避けるために、はっきりとした色や大きな柄を選ぶと良いでしょう。

痩せ型かふっくらしているかで選ぶ

痩せ型の方には、暖色をおすすめします。
また、ショールを使うことで、上半身にボリュームが出るため一度検討してみると良いでしょう。
反対に、ふっくらとした体型の方には、濃い色がおすすめです。
また、上半身に柄が少ないシンプルなデザインにすると、すっきりして見えます。

まとめ

振袖の色を選ぶ方法をご紹介しました。
振袖は着る機会が少ないからこそ、「自分に1番似合うもの」を見つけたいですよね。
本記事でご紹介したパーソナルカラーや体型ごとの選び方を参考にすると、ご自身に似合う色を見つけられるでしょう。
振袖レンタルをご検討中の方は、遊楽市までお気軽にお問い合わせください。